さくともの、のたりのたり日記

ベビースリングを広めるのが目的で始めたブログですが食べ歩きや雑貨屋めぐり~ウチ食・うち呑みなどの備忘録に移行中。

涼夏と金魚(筆あそび教室)

今月は「夏」と「涼」と金魚などを筆あそび教室で書きました。 「夏」という字のまず一つ目のポイントが「愛」の下にも夊(すいにょう)の一画目の長さでした。 私だけかと思いきや、他のメンバーの全員、「その部分、長めがバランスが良いんですかぁ~初めて知りました」と反応していて、何となくホッとするとともに、偶然にも全員が思い違いをしていたのを不思議に思いました(小学校は違えど、そういう漢字の習い方をしたのではないかと)。 夊(すいにょう)に似て見える「冬」の一画目とは違う~という説明だったかと。 ▼詳細は、村上真実先生のブログに追記としてアップされています。 http://yumeoibito.soreccha.jp/e334151.html 「夏」とは異なり「涼」は左右に文字が分かれていて、さんずいの位置で随分と文字の印象が変わるそうで(左写真)。また、さんずいは下が長めの「く」の字になるように書くのがポイントらしいです。 右写真では、送り線と軌道の違いについてもお話がありました。 その中で、崩し字が我流だと、この送り線と軌道までもが我流になっていて、古い文章を読み解いて欲しいとリクエストがあっても、読み解けないこともある~という話もあり興味深かったです。 崩し字、カッコイイですけどね・・・確かに軌道を勘違いしてしまうこと、ありそうですicon11 さて、毎回どういった文字であっても、5~6タイプの見本を頂き、まずは行書の練習から始まり徐々にデザイン文字などに移っていきます。 私の場合、いつも行書は前半の10分そこそこだったりすることも多いのですが、今月は、何としても「夏」の夊(すいにょう)のハネの部分をマスターしたくて、いつもより少し長めに練習しました。 またメンバーが先生から個別指導を受けているところにも席を立ち観に行き、撮らせてもらいました。 筆を回しながらハネる癖があるのも自覚があっても、ではどう最終的に筆を移動させたら良いのかがイメージつきずらかったのですが、おおよそ分かったような気がしたので、印象のあるうちに(明日にでも?)復習してみたいと思っています。←さりげなく宣言してみましたが、はてさて!? そうして全員の仕上がったポストカードや短冊が、こちら。毎度のことながら私は5枚、書きました。 そばのテーブルで、村上真実先生が「夏」を書いた人に「やすみ」と入れてみたら?とアドバイスされているのが耳に入った途端、私の頭の中は「あぁ~夏休みィ~♪ 踊りあかせ!歌いあかせ! 」とTUBEの曲がかかり、タイトル名は『あー夏休み』ですが、「あぁ夏やすみ」と書いてみましたicon47 ところで最近よく文鎮にご縁がありますicon12 この日はじめて持参した文鎮は、柳井の「うたちゃんのお店 スタジオT's」で、うたちゃんが出して来て下さったもので、その重さが手にすると見た目より更に文鎮らしくて、感激しましたface05  「おぉ~、金ですか!」と言うと「そう、属ね」との返しが。そのときのことはまた改めてアップするつもりですicon01 村上真実先生からも「上手な字が書けそうな文鎮ねぇ~」となでられていました、文鎮さんicon47 次回は9月です。 8月中は全員、子どもたちが夏休みなので教室がお休みです。少し寂しいですが、その間に息子たちに教えながら私自身も復習してみようかなと。ただ書き順などに自信がない字をあるので、ネットで調べながらになるかもしれませんface06 あーそれにしても早いですねェ・・・もう明日が、小学校も幼稚園も終業式です。 長い夏休みがいよいよ始まります。それから、梅雨もそろそろ明けてくれそうですね♪ 今年の夏もまた息子たちと小旅行に行きたいなぁ~icon18 昨年は、1泊2日で熊本に3人で行きました。平日だったのでとてもすいてましたicon14